トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

タロットカードについての勉強

 タロットに関する本は、日本語版が結構たくさん出版されています。でも、お薦めの本となると、かなり少ないのが実情ですね。

 最も効率的なのは、カードに付属している解説書(小冊子)を読むことですが、輸入カードの場合は、ほとんどが英語で書かれています。内容的には、専門用語も多いので、読み解くのは、ちょっと大変かもしれませんが、ヒマな人はチャレンジするだけの価値はあります。

 英語が読めない人は、とりあえず、市販されている日本語の本を色々と読んでみるしかありません。その中で、自分に合った本を見つけることになります。

 なお、タロットカードには、各種の宗教、神話、風俗などが象徴的に描かれていますので、そちらの知識を増やしておくことも大切ですね。とりあえず参考になるものとしては、

  • ユダヤ/キリスト教
  • ミトラ教(古代ローマの宗教)
  • エジプト神話
  • ギリシア/ローマ神話
  • その他の古代ヨーロッパ神話
  • 古代および中世ヨーロッパの歴史と文化
  • 占星術
  • 錬金術
  • 魔術

といったものがあります。

不動産事務所で経営者殺害、近くで2週間前に強盗殺人・・さ .../夢占い/【亀梨和也】●●ショップ写真30枚ショップ写真30枚関ジャニ .../ライブレポ!2008年1月3日(木)水樹奈々「NANA MIZUKI LIVE .../「マルセイユ★タロット」と岩井ちゃん/2007年いろはカルタ/占い 新着人気ブログHappy Birthday/相場のーと20日目 225泥船(^^;/忘年会ハシゴ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人から貰ったタロットカードの聖別方法

 貰ったカードが未使用のものであれば、新規購入と同じようにして、聖別して使うことができます。

 でも、他人が使っていたカードを貰うのは、できれば避けたいです。なぜって、そのカードに、変なクセがついている場合があるので、普通に聖別しても、しっくり来ない場合があるからです。

 どうしてもしっくりと来ないけど、それでも使ってみたい人は、どうするか。

 その場合は、まず、元の持ち主のパワーを抜くことから始めます。
 どうやるかと言うと、「しばらく放っておく」「香の煙に通す」「大地にアースする」「風を通す」「お祓いをする」など、色々と手段はありますので、元のパワーが抜けたと感じられるまで、色々と試してみて下さい。あと、カードに汚れがある場合は、なるべくそれを除いておく必要があります。消しゴムとか、少し湿らせた柔らかい布で、ゴシゴシやって、汚れを取ります。

 そうやってパワーを除去した後、聖別して新しいパワーを注入するわけですが、古いカードだと、当初はうまく調和しない時があります。こういう時は、聖別を何度か繰り返したり、時間をかけて新しいパワーに慣らしていくしか、方法がありませんね。

 だから、初心者の間は、なるべく新しいカードを使った方がいいのは確かです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

占星術、錬金術とタロットの対応

もう一つ、どうでもいい知識として、タロットカードと、占星術/錬金術との対応があります。
 以下に、「ゴールデンドーンのタロット」の対応例を示していますが、これ以外の対応となっているカードもあります。
 ちなみに、小アルカナは、「錬金術元素の地」に対応すると考えられます。

タロットカード 対応する占星術/錬金術の象徴

 0 愚者

錬金術元素の空気

 1 魔術師

水星

 2 高等女司祭

 3 女帝

金星

 4 皇帝

白羊宮(おひつじ座)
 守護星=火星

 5 法皇

金牛宮(おうし座)
 守護星=金星

 6 恋人たち

双児宮(ふたご座)
 守護星=水星

 7 戦車

巨蟹宮(かに座)
 守護星=月

 8 力

獅子宮(しし座)
 守護星=太陽

 9 隠者

処女宮(おとめ座)
 守護星=水星

10 運命の輪

木星

11 正義

天秤宮(てんびん座)
 守護星=金星

12 吊られた男

錬金術元素の水

13 死

天蠍宮(さそり座)
 守護星=冥王星(火星)

14 節制

人馬宮(いて座)
 守護星=木星

15 悪魔

磨羯宮(やぎ座)
 守護星=土星

16 塔

火星

17 星

宝瓶宮(みずがめ座)
 守護星=天王星(土星)

18 月

双魚宮(うお座)
 守護星=海王星(木星)

19 太陽

太陽

20 審判

錬金術元素の火

21 世界

土星

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小アルカナの構成

 小アルカナは、描かれている以下の4種類のシンボルで区別されます。

  • 棒(wands) ・・・ 元素の「火」を象徴
  • 杯(cups) ・・・ 元素の「水」を象徴
  • 剣(swords) ・・・ 元素の「空気」を象徴
  • 金貨(pentacles) ・・・ 元素の「地」を象徴

 なお、ここで言う「火」「水」「空気」「地」という元素名は、現実のものではなく、古代ギリシアから伝わる、世界を構成する仮想的な「基本元素」のことです。
 それぞれの種類は、「スート(suit)」と呼ばれ、「棒のスート」とか「剣のスート」などと言います。各スートは、14枚のカードで構成されていますので、小アルカナ全体では、14×4=56枚のカードとなります。

 また、それぞれのスートは、さらに1~10の「数札(pip cards)」と、人物が描かれた4種類の「人物札(court cards)」(トランプのJ,Q,Kに相当する)があります。
 タロットの数札は、トランプと同様に、1がA(エース、Ace)で、あとは数字の2~10が割り当てられます。
 人物札は、トランプでは3種類ですが、タロットは通常4種類です。なお、人物札の呼び方や順番は、タロットにより、まちまちですが、次の2つが代表的なものです。

  • ペイジ(小姓)、ナイト(騎士)、クイーン(女王)、キング(王)
  • プリンセス(王女)、プリンス(王子)、クイーン(女王)、キング(王)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無料のタロット占い情報

リンク: .

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年2月 »